頭痛の原因はむちうちかも?首や肩の痛み以外の症状を詳しく解説

「むちうち」は、交通事故によるケガ中で多い症状のうちの1つです。

むちうちの症状は、首や肩の痛みだけではなく、頭痛をはじめとしたさまざまな症状に見舞われることをご存じでしょうか。

また後遺症が現われる場合もあるため、交通事故のあとは必ず病院を受診するべきです。

この記事ではむちうちの種類や症状、セルフチャック方法について解説。頭痛が続く期間についても詳しくお伝えします。

むちうちの症状について詳しく知りたい場合は、参考にしてください。

むちうちとは

むちうちとは交通事故や転倒などで、首に対して不意に衝撃が加わり、首の筋肉やじん帯、神経にダメージを受けることです。

衝撃により首がムチを打ったようになることから、「むちうち」と呼ばれています。

むちうちには、いくつかの種類があり、急性期と慢性期でも症状が異なるのです。

ここでは、むちうちの種類や急性期と慢性期の症状について説明します。

むちうちの種類5つ

医師

むちうちには、次の5つの種類があります。

・頚椎捻挫型

・神経根損傷型

・脊髄症状型

・バレー・リュウ型

・脳脊髄液減少症

むちうちのタイプにより、ダメージが残る部位や症状が大きく異なります。

中には重症化するケースもあるため、交通事故や転倒のあとに首を痛めた場合は、病院を受診して診断を受けることが重要でしょう。

各タイプについて、分かりやすく説明します。

頚椎捻挫型

首を捻挫すると、首の骨を支えるじん帯や筋肉を痛めてしまい、頸椎捻挫型のむちうちになります。むちうちの中では、最も多いタイプです。

神経根損傷型

神経根損傷型のむちうちは、首の骨の中を通り脊髄の外へと伸びる神経の根元を損傷した状態です。

椎間孔と呼ばれる場所で、神経が圧迫されて発症します。手や腕のしびれを感じることがあります。

脊髄症状型

脊髄症状型とは、首の骨の中を通る脊髄を痛めた状態です。歩行障害や膀胱直腸障害などが現れることもあり、重症化のリスクが高いむちうちです。

バレー・リュウ型

むちうち不眠

バレー・リュウ型は、首に受けたダメージにより、自律神経に異常が生じた状態です。まめいや耳鳴りなどの自律神経症状が現れます。

脳脊髄液減少症

脳脊髄液減少症とは、脳脊髄液がクモ膜下腔から漏れている状態です。

クモ膜下腔とは、脳や脊髄を覆うクモ膜の内側にある空間のことで、その中は脳脊髄液で満たされています。

脳脊髄液減少症になると、頭痛や手足の痛み、自律神経症状、不眠などさまざまな症状が現れます。

急性期と慢性期

急性期とは、むちうちを発症して約1ヶ月の期間を指します。

急性期にむちうちの症状が治らなければ、慢性的な症状に移行することもあります。受傷直後から激しい痛みを伴うことのある一方で、しばらく経ってから症状が現れることもあるため注意が必要です。

また慢性期には、急性期ほどの強い痛みではありませんが、首の痛みや肩こり、頭痛やしびれなどの症状が続く場合もあります。

むちうちの症状

頭痛

むちうちの主な症状は次のとおりです。

・頭痛

・首の痛み

・腕や手のしびれや麻痺

・耳鳴り など

むちうちになると、首の痛み以外にもさまざまな症状をともないます。

そのため、整形外科などの病院を受診した際には、首の痛み以外の症状についてもしっかり伝えることが重要です。

各症状について詳しく説明しますので、参考にしてください。

頭痛

むちうちになると筋緊張型頭痛に悩まされることがあります。

筋緊張型頭痛は、脳内の異常が原因で起こるのはなく、筋肉が緊張したことでおこる頭痛です。

入浴などでリラックスすると軽減されることがあります。

また、むちうちの場合、筋肉の緊張による頭痛以外にも、自律神経の障害や脳脊髄減少症、脳内の損傷による頭痛なども考えられます。

交通事故などの強い衝撃を受けた後に、頭痛がある場合は、医療機関を受診して原因をはっきりさせることが大切です。

首の痛み

むちうちになると、首の筋肉やじん帯、神経などにダメージを受けるため、首が痛くなります。

むちうちになった場合、多くの人が首の痛みを訴えます。首の痛みを感じる箇所は、首の前面や後ろ、側面など人それぞれです。

首の損傷が激しい場合は、コルセットで固定して負担を軽減される処置がとられます。

腕や手のしびれや麻痺

むちうちで首に受けたダメージが神経に影響を及ぼして、腕や手のしびれ・麻痺につながることがあります。

首には、腕や手の運動と感覚に関係する神経が多く存在します。そのため、ダメージを受けた神経とつながる部位に障害が現れるのです。

しびれや麻痺は、しっかりと治療を受けないと後遺症となることもあるため、注意してください。

自律神経症状

自律神経症状は、むちうちのバレー・リュウ型で起こりやすい症状です。

むちうちの衝撃で、首にある自律神経にダメージを与えると次の症状があらわれます。

・肩こり

・疲労感や倦怠感

・吐き気

・めまいや眼精疲労

・不眠 など

以上は、バレー・リュウ型むちうちの代表的な症状です。しかし自律神経症状は、心身にさまざまな不調を引き起こすため、ここで紹介した症状以外の症状も現れることがあります。

正確な診断をうけるためにも、病院を受診しましょう。

むちうちのセルフケアチェック

医師

現在の慢性的な痛みが、むちうちが原因であるどうかが気になる場合は、セルフケアチェックをしてみましょう。

次の中で当てはまるものがある場合は、むちうちの可能性があります。

むちうちチェック

・症状に波があるが、長期間にわたっている

・気温や天候の変化によって痛みが変わる

・集中力が以前よりも低下しているように感じる

・痛む場所がかわることがある

・少しの運動をすると症状がでてくる

・頭痛・倦怠感・疲労感・不眠・めまいなどが以前より多く感じる

もし、過去に交通事故や転倒などで首を痛めた経験がある場合は、医師に相談してみてください。

むちうちの頭痛はいつまで続くのか

むちうちの治療期間は、軽度な場合は1ヶ月程度で、症状によっては3ヵ月以上かかる場合もあるといわれています。

実際の治療期間は3ヵ月以内であることが多く、長期化した場合は6ヶ月かかることもあるようです。

つまり頭痛の原因がむちうちの場合は、頭痛は1ヶ月~3ヵ月ほど続くと予想され、稀に半年ほど長引くこともあると考えられます。

交通事故で自賠責保険を利用して治療を受ける場合は、3ヶ月ほどで保険会社から治療の終了を提案されることがあるようです。

むちうちは痛みが残っていても、症状固定と判断され、治療が中断されることもあります。

保険会社から治療の打ち切られるのを防ぐには、定期的に病院に通院して、医師に経過を確認してもらうことが重要です。

むちうちによる頭痛は、自然と良くなる場合もありますが、後遺症が残る可能性もあるため、しっかりと治療を受けることが大切です。

通院回数については医師と相談しながら、治療を進めるとよいでしょう。

むちうちで眠れない場合はブレインパークに相談

木村好珠精神科医

むちうちになると、筋肉の緊張や自律神経の乱れによる頭痛や肩こり、倦怠感などに襲われることがあります。

また病院で治療を続けても、自律神経の乱れにより、眠れない人も多いといわれているのです。

そこで、ブレインパークで施術を受けると眠れるようになる可能性があります。

鍼施術やヘッドスパ、最新の再生医療を用いたヒト乳歯歯髄幹細胞上清液の点鼻投与で、自律神経に対してアプローチ。自律神経の乱れによる症状や痛みの改善をサポートします。

むちうちの痛みで眠れない場合は、ブレインパークの施術で熟睡を期待できますので、ぜひご相談ください

一覧へ戻る