iPS細胞とは?その他の注目される再生医療についても解説

2006年に山中伸弥氏が率いる京都大学の研究グループが生成に成功して以来、iPS細胞は再生医療の分野において注目を集めています。しかし、iPS細胞についてよく分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで本記事では、iPS細胞について詳しく解説。さらに、その他の注目の再生医療である「幹細胞培養上清液を使った治療」やメディカルスパについてご紹介します。

再生医療について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

iPS細胞とは

iPS細胞とは人工の多能性幹細胞のことで、英語では「induced pluripotent stem cell」と書くため、その頭文字をとって「iPS細胞」と名付けられました。

多能性幹細胞は、さまざまな組織や臓器を構成する細胞に分化できるのが特徴です。皮膚や血液などに存在する体細胞に多能性を備えるための因子を与えて培養し、様々な細胞に変化できる細胞にしたものがiPS細胞です。

世界で初めてiPS細胞の作製に成功したのは、京都大学の山中伸弥教授です。そのため、iPS細胞を作るときに体細胞に与えられる因子は、ヤマナカファクターとも言われています。

iPS細胞の活用方法

iPS細胞が活用されるのは、主に再生医療です。再生医療とは、病気や怪我で失った身体の機能や部位を取り戻すことを目的にした医療。

つまり、さまざまなタイプの細胞へと分化できるiPS細胞の利点が、再生医療に応用されているのです。たとえばiPS細胞の技術を使って、失った皮膚や臓器などを作り、それを身体に移植する活用法が考えられます。

iPS細胞とES細胞の違い

iPS細胞とES細胞の違いは、作成方法と倫理的問題の有無です。iPS細胞が体細胞に因子を加えて培養するのに対して、ES細胞は胚から取り出した細胞の塊を培養して作られます。

胚とは、受精卵が数回分裂を繰り返して、数百個の細胞になった状態です。

ES細胞の場合は、成長すれば胎児になる胚に手を加える必要があることから、作成するには倫理的な問題があると言われています。一方で、iPS細胞は胚から作られるわけではないため、倫理上の問題はクリアしていると一般的に考えられています。

iPS細胞の実用化を阻む問題点

iPS細胞の実用化には、がん化のリスクや高額なコストが挙げられます。それぞれについて、詳しくご説明します。

がん化のリスクがある

iPS細胞を作るために必要なヤマナカファクターには、がんの原因となる遺伝子が含まれていると言われています。(注1)また、iPS細胞を培養する過程で、遺伝子が傷つく可能性があり、それががんへと繋がることもわかっているのです。

しかし現在では、iPS細胞の安全性を高めるための研究が行われており、成果を上げているとの報告もあります。(注2)

コストがかかる

iPS細胞を使った再生医療は、高額な費用がかかると言われています。そのため、たとえばパーキンソン病の治療をiPS細胞で行った場合の費用を安価にすることが試みられています。その目標は、外科治療と同じ年間数百万円の治療費でiPS細胞の移植治療が受けられることです。(注3)

ここまで紹介した通りに、iPS細胞の臨床への応用にはまだ課題も多く、今後の問題解決が期待されます。一方で、iPS細胞と同じような効果があり、低コストで安全なことが報告されている再生医療もあるのです。

iPS細胞以外の注目の再生医療「培養上清」

iPS細胞以外の注目の再生医療として、幹細胞培養液の上澄みを利用した方法があります。ここでは、幹細胞培養上清液について詳しくお伝えします。

幹細胞培養上清液とは

幹細胞培養上清液とは、幹細胞を培養するときにできた上澄みのことです。上澄みである上清液には、幹細胞の働きを活性化させるような生理活性物質が豊富に含まれています。

幹細胞培養上清液には具体的に、次のような作用があります。

上清液の作用

・炎症を抑える

・傷ついた細胞を保護する

・損傷部位に幹細胞を集めて回復を促す

・新たな血管を作る

以上のように幹細胞培養上清液は、組織や臓器を再生させるために必要な機能を兼ね備えているのです。

iPS細胞(幹細胞)治療との違い

iPS細胞を使った幹細胞治療との大きな違いは、幹細胞培養上清液を使った治療が手軽で低コストなことです。

幹細胞培養上清液を再生医療に利用する場合は、幹細胞そのものを移植する必要がなく、上清液を点鼻したり皮膚に塗布したりするだけで済みます。移植の必要があるiPS治療に比べても、上清液を使った治療は手軽で低コストなことが魅力なのです。

あまりに手軽だと、本当に効果があるのかと不安に思う方もいらっしゃるとは思いますが、研究ではiPS治療と同様の効果が期待されています

アルツハイマー型認知症が改善した

2015年5月から8週間にわたり、5名のアルツハイマー型認知症を持つ女性を対象として、培養上清液の効果に関する臨床研究が行われました。その結果によると、5名全員の認知症の症状が改善された上に、内4名はとくに大幅な改善が見られたのです。

この臨床研究では、幹細胞培養上清液を鼻から吸い込んでもらう形で行われました。つまり、培養上清液を鼻から吸い込むという簡単な方法でも、アルツハイマー型認知症が改善されることが示唆されたのです。

そして、幹細胞培養上清液を利用した施術メニューを受けられるのが、世界初の脳専門メディカルスパ「ブレインパーク」なのです。

再生医療を提供する世界初の脳専門メディカルスパ

メディカルスパ_ブレインパーク

ブレインパークは再生医療を取り入れた施術を提供する、世界初の脳専門メディカルスパです。細胞上清液を経鼻投与する施術を行っているため、脳コンディショニングが心配な方におすすめ。幹細胞上清液は、認知症などの脳の病を改善させることが示唆されており、脳のコンディショニングにも使えるのです。

また、再生医療を扱うため、スタッフ全員がプロフェッショナルで構成されているのも特徴。再生医療を取り入れた施術を受けたい場合は、「整脳(ととのう)」コースを受けられてください。

「整脳(ととのう)」コースでは、はじめにヒト乳歯幹細胞上清液の経鼻投与を行い、その後に鍼灸師による上清液配合のオイルトリートメントや、頭への鍼やほぐし施術が行われます。

医師によるヒト乳歯幹細胞上清液の経鼻投与

ブレインパークで提供する幹細胞上清液は、幹細胞を活性化させるのに最も長けたヒト乳歯由来の上清液です。また、上清液を経鼻投与する前に、医師のカウンセリングや説明を受けていただけます。また、医師によって経鼻投与されるのも、安心できる理由です。

医療系国家資格者による頭の鍼と揉みほぐし

上清液の経鼻投与後は、医療系国家資格者である鍼灸師による頭の鍼と揉みほぐしや、上清液配合のオイルトリートメントの施術を受けていただけます。身体にあるツボを熟知した鍼灸師が施術を行いますので、上清液の効果とツボ押しの相乗効果が期待できます。

再生医療を使った脳ケアを体験したい場合は「ブレインパーク」へ

iPS細胞の他にも、幹細胞培養上清液を利用した再生医療もあります。幹細胞培養上清液を利用した再生医療だと、経鼻投与や皮膚への塗布などの簡単な方法で、治療を受けられるのです。

ブレインパークでは医師のカウンセリングと処置により、安心して幹細胞培養上清液の経鼻投与を受けられます。上清液配合のオイルを使ったトリートメントと、頭の鍼やほぐしで、さらなる相乗効果も期待できますので、脳コンディショニングをしたい方はぜひご相談ください。

 

ご予約はこちら

 

(参考)

注1:驚異の再生医療|上田 実

注2:iPS細胞とは?|京都大学 iPS細胞研究所 CiRA

注3:iPSでパーキンソン病治験 2022年にも国に承認申請|日本経済新聞

一覧へ戻る