ドライヘッドスパで睡眠の質の改善は可能か?眠くなる理由についても解説!

ドライヘッドスパは睡眠の質の向上に良いと考えられています。実際に、ドライヘッドスパを受けて眠ってしまう方も多いようです。

とはいえ、「なぜドライヘッドスパは眠くなるのか?」「ドライヘッドスパで、睡眠の質は本当に改善するの?」といった疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

そこで本記事では、ドライヘッドスパの眠りへの影響について詳しく解説。ドライヘッドスパのメリットやデメリット、睡眠の質が改善された後の状態まで詳しく説明します。

ドライヘッドスパで睡眠の質を向上させた人は、ぜひ参考にしてください。

ドライヘッドスパでなぜ眠くなるのか?

ドライヘッドスパで眠くなるのは、副交感神経や頭部のツボによる作用が関係していると考えられます。それぞれについて、詳しく解説しますので参考にしてください。

副交感神経が優位になるから

ドライヘッドスパで行う頭皮マッサージを受けると、身体をリラックスさせる働きのある副交感神経が優位になり眠気を感じます。

頭皮マッサージが心身に及ぼす影響を調査した研究においても、頭皮のマッサージ中に生理的な指標を確認すると、副交感神経が優位になったことが示唆されているのです。(注1)つまり、ドライヘッドスパによる副交感神経が優位になる効果には、科学的なエビデンスも存在すると考えられます。

身体の調子を整えるツボがあるから

頭部にはさまざまな効果効能を発揮するツボがあります。頭部のツボにおける効果効能は、中国や日本で活躍した古代の名医たちが、経験則から発見した経緯があります。長年の経験則の裏付けがあることからも、一定の効果が見込めるのです。

鍼灸学校でも利用される「鍼灸学[経穴編]」で、複数の頭部のツボについて確認すると、不眠に効果があると説明されています。(注2)

実際に、頭部のツボで有名な「百会(ひぇくえ)」は不眠の症状を改善させるために、東洋医学を志す施術家にも、よく利用されているのです。「百会」を鍼灸や指圧で刺激すると、施術中に眠ってしまう方も多いと言われています。

ドライヘッドスパのメリット・デメリット

ここでは、ドライヘッドスパのメリットやデメリットをご紹介します。ドライヘッドスパを受けようと考えている方は、どうぞご覧ください。

ドライヘッドスパのメリット

ドライヘッドスパのメリットは、次の通りです。

  • 深いリラックス感を得られる
  • 頭を濡らす必要がないため手軽に受けられる
  • 硬い頭皮が柔らかくなる
  • 抜け毛予防が期待できる
  • 眼精疲労や頭痛、不眠などに効果が期待できる

美容室のトリートメントと一緒に行うウェットヘッドスパと比べても、頭を揉みほぐす時間が長いため、深いリラックス感を得られるのが大きな魅力です。さらに、血行促進により頭皮が柔らかくなったり、抜け毛の予防を期待できたりします。

ドライヘッドスパのデメリット

  • 施術箇所は肩から上のみ
  • 頭は洗わないため毛穴や髪の毛の汚れは落ちない
  • 髪の毛が乱れる

ドライヘッドスパのデメリットには、施術範囲が狭いことが挙げられます。施術箇所は頭のみであることもあり、広くとも肩から上のみが一般的です。そのため、腰や脚を揉んだもらいたい人にとっては、大きなデメリットとなるでしょう。髪の毛の乱れが気になる場合は、パウダールームの有無などをヘッドスパを受ける店舗に確認するのがおすすめです。

ドライヘッドスパで睡眠の質は改善するのか?

ドライヘッドスパを受けると、自律神経の乱れが整うため、睡眠の質も改善すると言われています。ここでは、ドライヘッドマッサージで睡眠の質が改善する理由を詳しくお伝えします。

頭皮の状態は自律神経が乱れを表すサイン

頭皮が硬かったり、柔らか過ぎたりすると、自律神経が乱れている可能性があります。なぜなら、自律神経が乱れると血液の循環がうまく働かなくなったり、筋肉が緊張したりすることで、カチカチ頭皮やブヨビョ頭皮になるからです。

頭皮がカチカチの場合

頭皮がカチカチの場合は、交感神経優位タイプの自律神経の乱れにより、頭の筋肉が硬く緊張している状態です。この状態の場合、頭痛や肩こり、耳鳴り、不眠などの症状を併発していることもあります。

頭皮がブヨブヨの場合

頭皮がブヨブヨの場合、副交感神経優位タイプの自律神経の乱れにより、頭がむくんでいる状態です。この状態の場合、やる気が出ない、朝が起きられないといった症状を併発していることもあります。

頭皮がカチカチ、ブヨブヨの状態は、ドライヘッドスパで頭皮をもみほぐして血流を改善させると、解消できるのです。中でも頭皮が硬くなった交感神経優位タイプの自律神経の乱れは、身体が休む状態にならずに、睡眠の質が低下している可能性も。

自律神経失調症になった場合は、ヘッドスパで硬くなった筋肉を緩めて、過度に活発になった交感神経の働きを抑えてみてください。

硬くなった筋肉を緩めると睡眠の質が改善

頭部には、前頭筋や側頭筋、後頭下筋群と言われる筋肉が存在しており、これらの筋肉が硬く緊張すると交感神経が過度に優位な状態になります。ヘッドスパで、硬くなった頭部の筋肉を適度に刺激して血流を促進し、筋肉を緩めると、交感神経による緊張状態から身体を解放させられます。

結果的に、睡眠の質も改善させられますので、「いつも、寝た気がしない…」とお悩みの方は、ドライヘッドスパを試してみてはいかがでしょうか。次に、睡眠の質が改善されたらどのようなメリットがあるのかを解説します。

ドライヘッドスパで睡眠の質が改善するとどうなれるのか?

ドライヘッドスパで睡眠の質を改善すると、次のようなメリットがあります。

メリット4選

・疲労を回復できる

・肥満を予防できる

・記憶が定着する

・肌がキレイになる

それぞれ、詳しく解説します。

疲労を回復できる

睡眠の改善効果としてもっとも魅力があるのは、疲労を回復できることでしょう。睡眠中は成長ホルモンと言われる、体内の修復や回復を促すホルモンが分泌されます。

寝る子は育つと言われるのは、子どもにとっては成長ホルモンは骨や筋肉を成長させるのに役立つからだと考えられます。大人になると、身長が伸びることはなくなるのですが、睡眠時を中心に成長ホルモンは分泌され続け、前日の疲労を回復させるのに役立つのです。

また、疲労は脳が作り出す感覚とも言われているため、睡眠で脳を休めるのも疲労感を解除するために重要だと考えられます。

肥満を予防できる

睡眠の質を改善すると、肥満を予防できます。なぜなら、糖質や脂質などの太りやすい食物への欲望を抑えられるからです。

筑波大学が行った睡眠と肥満の関係を調査する研究においても、睡眠の質が低下すると、ショ糖や脂質などの高カロリー食の摂取量が増加する傾向にあることが示されています。(注3)

食欲をコント―ロールするためにも睡眠の質の改善は、重要だと言えます。

記憶が定着する

睡眠には記憶を定着させる働きもあります。

睡眠には、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠があるのです。人間はノンレム睡眠で、その日の体験で得た情報や感情を整理して、レム睡眠で記憶として定着させます。

ノンレム睡眠とレム睡眠は一定の時間間隔で、交互に訪れます。そのため、リズムの整った質の良い睡眠を取ると、記憶が定着しやすくなるのです。

肌がキレイになる

睡眠中に分泌される成長ホルモンには、ターン―オーバーと言われる肌の新陳代謝をサポートする働きもあります。そのため、顔のしわやたるみ、くすみなどが気になる場合は、睡眠を改善させた方が良いと言えます。

ここまでで、睡眠の質を改善させると、美容と健康、仕事のパフォーマンスにも好影響を及ぼすことがわかりました。睡眠の質を改善させるための1つの手段として、ドライヘッドスパを受けてみるのも良いのかもしれません。

当院ブレインパークでも、ドライヘッドスパの施術を受けられます。さらに、通常のドライヘッドスパよりも睡眠の質を高められる理由があるのです。

ブレインパークの施術で睡眠の質が高まる理由

ブレインパークの施術で睡眠の質が高まる理由は、脳疲労の改善が得意な脳専門のメディカルスパだからです。脳疲労になると、自律神経の働きを調整している視床下部の働きが悪くなり、眠りづらくなると考えられます。

そこで、ドライヘッドスパを取り入れた当院の施術を受けていただくと、睡眠の質の向上が期待できます。その理由は、当院ではヘッドスパ以外にも東洋医学の知見をもとにした「頭鍼」や、再生医療の技術を応用した「ヒト乳歯幹細胞上清液の点鼻投与」も行っているからです。

伝統の医療と最新医療の良いところを組み合わせて、睡眠の質を高める施術を行いますので、睡眠の質を改善したい方は、ぜひご相談ください。

ドライヘッドスパで睡眠の質を高めよう

ドライヘッドスパを受けるとリラックスのときに働く副交感神経を優位にしたり、頭部にある不眠に効果のあるツボを刺激したりできるため眠くなります。

また、ドライヘッドスパで自律神経を整え、睡眠の質を改善すると、疲労の回復や肥満の予防、記憶の定着、美容に関係する肌のターンオーバーの改善とった効果が期待できるのです。

そのため、ブレインパークでもドライヘッドスパを取り入れて、睡眠の質を高めるための施術を行っています。ドライヘッドスパと東洋医学や再生医療の知見に基づいた施術を組み合わせることで、より睡眠の質を高めることが可能です。

睡眠の質を高めたい場合は、ぜひブレインパークにご相談ください。

 

 

ご予約はこちら

 

 

(参考)

注1:「ヘッドスパ」における頭皮マッサージ基本手技が心身に及ぼす影響|タカラベルモント株式会社 化粧品研究開発部

注2:針灸学[経穴編]|東洋医学出版社 日中共同編集

注3:寝不足はダイエットの敵|国立大学法人 筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構

一覧へ戻る