自律神経とは?副交感神経と交感神経について解説|リラックスの施術メニューもご紹介!

病院を受診した際に、体調不良の原因がはっきりと分からない場合、自律神経の乱れや、自律神経失調症などといわれることがあります。そして、自律神経について詳しく調べると、交感神経や副交感神経といった言葉を目にします。

しかし、専門的な言葉だけでは身体でどのようなことが起こっているのか、ピンとこない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、自律神経が乱れた状態を、分かりやすく解説。交感神経と副交感神経の関係や、乱れによっておこる具体的な症状についてもお伝えします。そして、当院で行っている自律神経を整えるための施術方法についてもご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

自律神経の乱れとは?

自律神経の乱れとは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた状態です。

ここでは、交感神経と副交感神経について解説し、その2つの神経がどのようにバランスを崩して、どういった症状が現れるのかについてご説明します。

自律神経とは

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立つ神経ネットワークです。その2つの神経は、それぞれが車のアクセルやブレーキのような役割を果たしています。

ここでは、交感神経と副交感神経について解説します。

交感神経はアクセルの役割

交感神経は、車のアクセルの役割を果たします。つまり、身体を活発に動かすときには、交感神経が優位な状態になるのです。

具体的な働きには、次のようなものがあります。

交感神経の働き

・血圧や心拍数の上昇

・多くの血管が収縮

・身体を動かす筋肉の収縮

・内臓の筋肉が緩む

働いたり、スポーツを楽しんだりするときは、身体の筋肉を動かす必要があります。そのため、交感神経が優位になることで、身体の筋肉が収縮してしっかりと活動できる状態になるのです。

また、全身に血流を送り筋肉に酸素や栄養を供給するために、血管が収縮して血圧が高くなります。

副交感神経はブレーキの役割

副交感神経は、車のブレーキの役割を果たします。つまり、身体を休ませて動かさないようにするときには、副交感神経が優位になります。

具体的な働きは、次の通りです。

副交感神経の働き

・血圧や心拍数の低下

・頭部や生殖器の血管が拡張

・身体を動かす筋肉が緩む

・内臓の筋肉が収縮

副交感神経の働きの多くは、交感神経とは逆の作用を示します。副交感神経は身体を休ませるときに働き、身体を動かす筋肉が緩む一方で、内臓の筋肉は収縮して動き出します。

食事はゆっくり食べた方が良いとか、食後の運動は身体に悪いと言われるのは、副交感神経が働きづらくなり内臓に負担がかかるためだと考えられます。

自律神経が乱れた状態とは

自律神経が乱れた状態とは、交感神経と副交感神経のどちらかが過度に優位になったり、常に片方だけが優位な状態が続いてしまったりする状態です。

そのため、両者のどちらが優位になるのかによって悩まされる症状も異なります。

交感神経優位型の自律神経の乱れ

たとえば、交感神経が身体を動かす筋肉を収縮させることで、活動状態になるのですが、それが長引くと痛みや筋肉の凝りになることがあります。

その結果起こるのが、肩こりや腰痛、頭痛といった症状だと考えられます。また、これらの症状には血管の収縮による血行不良も関係しており、それが手足の冷えやむくみに繋がります。

一方で、平滑筋と言われる内臓の筋肉を緩ませる作用があります。そのため、交感神経が過度に優位になると腸が動かずに便秘になったり、胃が働かずに食欲不振になったりすることがあります。

循環器系については交感神経は血圧を上昇させるように働くため、常に緊張状態にある生活を続けると、高血圧や心臓への負担に繋がることもあるのです。その他にも、過度に精神的なストレスが加わることで、筋肉の緊張や内臓の不調が交感神経によってもたらされるとも言われています。

副交感神経優位型の自律神経の乱れ

副交感神経が過度に優位になった場合、血圧が上がりづらくなるため、低血圧に悩まされることもあります。

たとえば、朝の起床がつらい場合は、休息モードの副交感神経が優位な状態から、活動モードの交感神経が優位な状態への切り替えがうまく機能していない可能性も。朝になっても血圧が上がらずに、なかなか活動状態へと移行できていないと考えられます。

その他にも、副交感神経が過度に優位になることで起こる症状には、やる気の低下や喘息などがあると言われています。

以上のように自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経のバランスの悪さによって、さまざまな症状に悩まされるのです。次に、最近多い仕事のやり方であるテレワークによる身体の不調を、自律神経の視点から説明します。

テレワークで感じる身体の不調は交感神経優位型

オムロンヘルスケア株式会社が20~50代のテレワークで働いている男女1,000人にアンケートを実施しました。

その結果は、次の通りです。

アンケートの結果を見ると、テレワークによる身体の不調には、肩こりや精神的なストレス、腰痛といった交感神経優位型の症状が目立ちます。

テレワークの仕事内容は、主にパソコンを使ったデスクワークです。そのため、テレワークではなくとも、会社でのデスクワークに従事している人も、交感神経が過度に優位になることで、身体の不調に悩まされている可能性があります。

交感神経とのバランスをとるために、副交感神経を優位にする

交感神経と副交感神経は、アクセルとブレーキの関係にあります。そのため、テレワークやデスクワークなどで引き起こされる現代版の身体の不調は、交感神経というアクセルを緩めて、副交感神経というブレーキを踏んで自律神経を整える必要があります。

そこで、副交感神経を優位にするためにも脳にアプローチする方法を試してみてはいかがでしょうか。

なぜ、副交感神経を優位にするには脳アプローチなのか?

副交感神経を優位にするには脳にアプローチして大脳辺縁系に働きかけ、自律神経を制御する視床下部を整えるとよいでしょう。ここでは、副交感神経を優位にするために、脳にアプローチする理由を解説します。

自律神経を制御しているのは「視床下部」

自律神経である交感神経と副交感神経を制御しているのは、視床下部といわれる脳の深部にある器官だと言われています。

つまり、身体の感覚から受けた刺激の一部は、いったんは視床下部に伝わり、その視床下部で自律神経の働きが調節されていると言われています。

大脳辺縁系が自律神経にも影響

自律神経を制御している視床下部は、大脳辺縁系といわれる脳の部位から影響を受けていると言われています。

脳が疲れて、大脳辺縁系にある扁桃体で、負の感情が起こりやすくなると、それが視床下部に影響を与えて交感神経が過度に優位になり、自律神経が乱れることがあります。

たとえば、気分が落ち込んだ時に食欲がなくなるのは、感情に関与する大脳辺縁系による影響だと考えられているのです。

脳が疲れていなければ、論理的な思考を生み出す前頭葉の力で、大脳辺縁系の活動を制御できると考えられていますが、脳が疲れるとそれができなくなります。

そのため、脳疲労にアプローチして、論理性を司る前頭葉と感情を生む大脳辺縁系のバランスを取ることが大切。脳疲労をにアプローチするには、脳専門のメディカルスパ「ブレインパーク」がおすすめです。

脳の疲れ専門のメディカルスパ「ブレインパーク」とは

東京にあるメディカルスパ「ブレインパーク」は、脳の疲れ専門のスパで、自律神経の乱れにお悩みの方も多くお越しになります。

ここでは、ブレインパークの特徴をご紹介しますので、参考にしてください。

東洋医学と再生医療で副交感神経にアプローチ

ブレインパークでは、伝統の東洋医学の理論を応用した頭鍼とツボ押しで、身体をリラックス状態へと導き、副交感神経を優位にします。

また、自社研究所で再生医療技術によって精製したヒト乳⻭幹細胞上清液配合オイルを使った顔やデコルテ、肩の揉みほぐしにより神経ネットワークの再生へと働きかけます。脳内の神経ネットワークが再生が、脳疲労をカバーすることにより、自律神経の乱れの解消も期待できることでしょう。

ブレインパークで受けられる施術メニュー

ブレインパークでは、脳眠ライトと脳眠、整脳、整脳プラスの施術を受けられます。ここでは、代表的な施術メニューである脳眠と整脳についてご紹介します。

脳眠(のうみん)|脳疲労を取り除き、副交感神経を優位に

脳眠は、鍼施術と各種の揉みほぐしからなる90分の施術メニューで、以下の施術内容が含まれます。

脳眠(のうみん)

頭ほぐし/デコルテ/頭部や顔面部のツボほぐし/肩や首のツボほぐし/鍼通電療法/お腹への手技施術

鍼と手を使った頭や顔、デコルテへの施術がメインで、伝統のある東洋医学の理論をベースにしています。東洋医学は自律神経を整えるのに、効果的だとも言われていて、当院にも自律神経の乱れでお悩みの方に人気のある施術メニューです。

寝落ちするほどのリラックス状態になりますので、身体を副交感神経が優位な状態へと導けます。

整脳(ととのう)

整脳は、最新の再生医療と伝統の東洋医学を掛け合わせた施術方法で、次の施術を実施します。

整脳(ととのう)

脳眠の施術内容とヒト歯髄幹細胞培養上清液の点鼻処置

整脳は脳眠に加えて、再生医療の技術を応用したヒト歯髄幹細胞培養上清液を医師の処置で鼻から投与する施術を行います。

脳眠でリラックスして副交感神経が優位になったあとは、その体質を持続させるために、脳の神経ネットワークの再生や血管の修復をサポートするためにヒト歯髄幹細胞培養上清液の点鼻処置を行います。

点鼻処置は医師による施術ですので、安心して施術を受けられます。

自律神経を整えたい方は「ブレインパーク」へ

鍼灸師_油谷早映

リモートワークやデスクワークといった現代的な働き方は、交感神経が過度に優位になることで、自律神経が乱れやすいです。

そこで、副交感神経を優位にするために、脳専門メディカルスパ「ブレインパーク」で施術を受けてみるのもおすすめ。

東洋医学をベースにした、頭鍼とツボ押しで身体をリラックスさせ副交感神経が優位な状態へと導きます。また、再生医療技術によって作られたヒト歯髄幹細胞培養上清液の点鼻処置は脳の神経ネットワークを再生させることで、自律神経が整った状態を維持できることでしょう。

自律神経の乱れを整えたい方は、ブレインパークにご相談ください。

ご予約はこちら

一覧へ戻る