アスリートがベストパフォーマンスに必要な3つの要素である「練習・食事・休息」

アスリートにとって一番大事なことは、試合でベストパフォーマンスを発揮することです

アスリートが試合で自分の力を最大限に発揮するためには、普段の練習において今まで以上の能力を発揮し、毎日わずかでも向上しながら取り組まなくてはいけません。アスリートの通常練習スケジュールは、競技種目によって異なりますが、基本的に午前と午後の二回練習を行います。午前は早朝起床し、朝食を食べ、朝練習。午後は昼食を食べ、休息をはさみ、午後練習が始まります。1日の練習が終わると、夕食を食べ、ストレッチをしたり、お風呂に入りながら一日の疲れを自分なりに癒し就寝。また次の日も同じスケジュールで、毎日を過ごしています。読んでもらうと分かるように、アスリートは「練習」「食事」「休息」を繰り返しています。この三つのバランスをよりよくすることで、質の高い練習と良いパフォーマンス、試合での好結果につながります。

 

藤森丈晴氏(水泳)-ブレインパーク 藤森丈晴氏(水泳)-ブレインパーク 藤森丈晴氏(水泳)-ブレインパーク

アスリートの「休息」

「休息」は、受動的に身体を休めるだけでは普段の練習量の疲労が回復しません。ひとくくりに休息と言っても様々な休息方法がり、大きく分けて「精神的な休息」「肉体的な休息」が挙げられます。

精神的な休息

精神的な休息は、普段過密スケジュールで手が付かない、自分の趣味や仲間との時間などで養うことが多いです。一日中競技に触れているので交感神経が優位に働く時間が長い分、休みの日には意識的に副交感神経を優位にさせること意識して生活しています。

肉体的な休息

肉体的な休息は、スポーツマッサージや電力を使った施術、鍼灸などが挙げられます。様々なトレーニングにより肉体を極限まで追い込み日々溜まっていく疲労は、睡眠だけで回復させようとするとなると、長期間寝なければいけなくなる為、マッサージや各施術を行い、回復を早める必要があります。

ブレインパークの「脳眠」「整脳」

精神的・肉体的休息を同時に行う事が出来るものが、ブレインパークの「脳眠(のうみん)」と「整脳(ととのう)」です。ブレインパークの施術は、自律神経と副交感神経のバランスを調整し自律神経が整えます。リラックス効果はもちろん、睡眠の質が高くなり、睡眠中の疲労回復の効果が期待できます。また、人間の身体は全て脳からの電気信号によって動いている為、「脳の休息」を取ることで身体全体の休息に繋がります。施術後の実感としては、頭がスッキリし、気持ちが晴れ、身体全体が軽くなる体感が得られます。これまでのアスリートの休息は自律神経を意識的にコントロールすることでバランスを保ち、疲労箇所をメンテナンスして回復させていく事が主流でしたが、ブレインパークの施術は脳へのアプローチにより効率的に休息を行う事ができる革新的な休息方法です。

 

ご予約はこちら

 

 

 

一覧へ戻る